プログラマ時代

一般的に、IT企業で開発をするならまずはプログラマということになると思います。どのようなシステムを開発するかによって使う技術は異なります。
まずは与えられた仕事をしっかりがんばりましょう。
IT企業に勤め続けるには、いつまでもプログラマというわけにはいきません。
プログラマ時代に次のステップに上がるために準備をしましょう。
具体的には、次のステップはシステムエンジニアです。
システムエンジニアの仕事は設計できることであり、設計するために必要なことを学んでいく必要があります。現場では、設計書を見ながらプログラム(コーディング)していくはずなので、設計書に記載されている用語、どういう観点で設計書が記述されているのかなど、設計書の記載内容を日ごろから意識して、何が何だかわからないという状況を徐々に変えていきましょう。
DBならERDやテーブル設計、アプリケーションの構造ならUMLなど、与えられた役割内ではもしかしたら目にしないかもしれないものでも、設計とはどういうことをしてどういう出力(設計書)を行うのかを十分意識して情報を集めておきましょう。