プログラマといえば若手

システムエンジニアといわれる人も状況によってプログラムします。小規模なシステムなら、要件の分析、設計、プログラミング、テスト、運用のすべてのフェーズを一人で行うことすらあります。
一般的なIT企業では、プログラマ、PGと言えばまず若手です。
実際にプログラムする仕事もやるとしても、中堅どころ以上はシステムエンジニア、プロジェクトマネージャなど、設計、管理系の仕事が求められます。
ある程度の年齢になれば、私はプログラマですということでは、仕事はないと考えておくべきです。

現在は高齢化が著しく、ひょっとしたら、定年後の仕事として高齢者にプログラムの仕事が多くなる可能性がなくもないかもしれません。私が知らないだけで、既にそうなっているのかもしれません。
しかし、そうなったとしても、プログラムマという役割は若手と高齢者のみで、中堅、中年層はシステムエンジニア、管理系の仕事が求められるでしょう。

やはり、早くプログラマから脱却し、システムアンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャになれるよう努力しましょう。